あなたの子犬の初めての駆虫

シェアする

子犬の駆虫について知っておくべきすべてのこと 

寄生虫は、子犬の病気でよく見られる原因のひとつです。実際、すべての子犬に寄生虫がいる可能性があり、ワクチンと並んで子犬のケアの中心になるのが効果的な駆虫です。家族と子犬の両方に適した駆虫プロセスにするため、開始する前にぜひ理解を深めてください。 

芝生を走り回る健康なボーダー・コリーの子犬

子犬ではなぜ駆虫が重要なのですか? 

消化管内寄生虫はあらゆるペットにとって有害ですが、子犬ではさらに被害が大きいです。子犬は小さく、成長途中であるため、病気や寄生虫にかかりやすく、体調を崩しやすいです。鉤虫条虫回虫などの消化管内寄生虫は、痛み、不快感、さらに失血を引き起こすほか、子犬が 大きく成長するのに必要な栄養素を奪います。効果的に治療しなければ、子犬は死ぬことさえあります。 

まれにですが、人間もこれらの寄生虫に感染して、腹痛や皮膚反応、さらに重篤な健康問題を引き起こすことがあります。 

 

子犬に見られる寄生虫の症状にはどんなものがありますか?

子犬は寄生虫に感染しても何の症状も示さない場合もありますが、いくつかの症状を示すことの方が多いです。子犬に感染する消化管内寄生虫には多くの種類があるため、以下のようなさまざまな臨床症状が見られます。 

 

  • 衰弱および 活動低下 
  • 下痢または嘔吐 
  • 被毛粗剛 
  • 腹部膨満(太鼓腹に見える) 
  • 咳または呼吸困難 
  • 排泄物中にスパゲッティ様の寄生虫、米粒状の片節、または血液が混じる 

 

排泄物中に寄生虫が確認できる場合を除き、これらの症状はその他の健康問題でも見られる場合がありますので、ペットに適した治療を受けるため、かかりつけの動物病院を受診してください。 

被毛粗剛  

嘔吐 

下痢 

排泄物の異常 

腹部膨満 

子犬で見られる、嘔吐、被毛粗剛、下痢、腹部膨満などの寄生虫による症状

どのように子犬を駆虫しますか?

寄生虫は、子犬にとって非常に厄介ですが、駆虫のために子犬に使用できる駆虫薬には、経口薬(錠剤タイプ、チュアブルタイプ)、スポット薬など、いろいろな剤形のものがあります。動物病院で獣医師に相談し、適切な駆虫スケジュールを立て、駆虫薬を処方してもらいましょう。 

シェアする